気の向くままひとり旅

スーパーカブでの1人旅の日記を公開中

軽めに日本一周 50日目 串本~北山村

雨が降ったからか、暑さは全然無く、むしろ窓を開けてて寒かったので、窓を閉めるのに1回起きたが、今度は暑くなってまた起きて窓を開けた

 

明け方、風の唸りと雨がやばくて台風かよと思った

こんなにやばいと思わなかった

雨音も風の音もうるさいし、再び窓を閉めて二度寝

 

下の方から何か声が聞こえたなと思って目を覚ます

すでに7時半だった

アラームを止めて寝てたらしい

 

寝坊したなと思いつつ朝ごはんに惣菜パンを食べていると、下から再び声が

 

おはようございますー

パンあるよー

 

なんと新聞配達から戻った床屋のおっちゃん(一人称がおっちゃんだからおっちゃんと書かせていただく)がパンを焼いててくれた

 

1階に降りると、置き紙があった
f:id:sail-scent:20180922214111j:image

(ごめんなさい、寝てました)

 

床屋で朝食をいただくという、何ともレアな光景

缶コーヒーまでいただいた

(コーヒーは好き好んでは飲まないが決して飲めないわけではないので、いただいたものはありがたくいただく)


f:id:sail-scent:20180922214415j:image

↑食べ終わった後だけど

 

その間、いろいろなお話をした

自分が、どうやらおっちゃんの従兄弟にそっくりらしい

その従兄弟、50代のおじさんらしいけど

 

ん?

と思ったが、どうやら若いときに似てるとか

 

別れ際も、じゃあな○○(従兄弟の名前)と言われた

 

そんなに言われると写真が見たかったけど、写真は無いらしい

 

とても良くしてくれたライダーハウスだった

 

結局9時は過ぎてしまったが、ようやく出発

 

潮岬へ

バイクは、灯台の近くまで通行可能だった

f:id:sail-scent:20180922215250j:image

f:id:sail-scent:20180922215636j:image

灯台
f:id:sail-scent:20180922215143j:image

 

上った上からの景色
f:id:sail-scent:20180922215402j:imagef:id:sail-scent:20180922215442j:imagef:id:sail-scent:20180922215458j:image

 

途中までは螺旋階段だったが、最後だけ急だった

f:id:sail-scent:20180922215546j:image

写真で伝わるかな

f:id:sail-scent:20180922215619j:image

 

そして少し移動して、本州最南端の潮岬

(かわいこちゃんを探せ)f:id:sail-scent:20180922215759j:image
f:id:sail-scent:20180922215742j:image

昨日のキャンプ予定地はこの近くだった

その場所に結構テントが張ってあって、まさか昨日からじゃないよな?と思った

 

本来はそこから三重に向かって上がっていく予定だったが、せっかくなので紀伊大島にも行ってみることに

 

串本に入ったときに串本はなにやらトルコと関係があるということを知り、今日の朝おっちゃんの口からその話が出た

 

ざっくり言うと

明治時代、トルコの船が難破し、500人以上が亡くなったが、島民の救助によって69名が助かったというもの

 

そしてそのトルコの話は日本で映画化されており、前にその映画を見て紀伊大島に行きたくなり和歌山を訪れたライダーがいたとか

 

自分は歴史とかにあまり興味がないのだが、なぜかその話には興味を持った

 

紀伊大島まではくしもと大橋を渡って

端まで行くのにおよそ10km

 

駐車場があって、そこからは歩いていく

 

まず現れるのがトルコ記念館

f:id:sail-scent:20180922221822j:image

入場料500円か

一先ずスルーして進む

 

途中のお店ではトルコの品とか、トルコアイスも売られていた

 

トルコ軍艦遭難慰霊碑f:id:sail-scent:20180922222926j:image

殉職した方々の遺体がここに埋葬されているらしい

 

このムスタファ・ケマル・アタテュルクさん
f:id:sail-scent:20180922223206j:image

は、トルコ国民の英雄らしいf:id:sail-scent:20180922224053j:image

説明書きが、日本語と英語ではなく、(おそらく)トルコ語なのがある意味すごい

 

その奥に樫野埼灯台
f:id:sail-scent:20180922223227j:image

外から見えるぐるぐるの階段

f:id:sail-scent:20180922223246j:image

もちろん上った

 

そして再び記念館の所に戻ってきた

入るか迷ったが、歴史に興味を持ったのも久しぶりなので、入ってみることに

 

トルコの船が来るまでの経緯とか、なぜ台風だから危ないと言われたのにトルコに帰ろうとしたかとか、島民の救助に対する姿勢とか、その後のトルコとの交友関係とかが詳しく知れて面白かった

 

実際の事故現場まで見れたf:id:sail-scent:20180922222737j:image

ここで本当に起きたことなのか

なんか不思議だな

 

この話は今日まで全然知らなかった

もっと日本人に知られるべき話だと思う

f:id:sail-scent:20180922224538j:image

映画『海難1890』も見たくなった

 

1時間以上滞在した末、来た道を10km戻って今度こそ上へ

 

急に現れた橋杭岩には驚いた

道の駅~

f:id:sail-scent:20180922224953j:image

奥に小さく見えるのがくしもと大橋

f:id:sail-scent:20180922225015j:image

ここの道の駅で串本町のステッカーがあったので買った

 

そしてクジラの町、太地町にも入り、待ちに待ったクジラ

道の駅たいじでもクジラを食べれると聞いたので、行ってみた

 

入ってまず売店を見てみる

クジラのベーコンとかもあるのか

 

一通り見終わった後に、さて何があるのかな、とレストランの方へ

と、メニューの所に

「本日の営業は終了しました」

ん?!

まだお昼なのに早くないか?!

と思い、下の方に目線を移す

「ラストオーダー14時30分」

あれ、まだ13時とかかと思ってたけどもうそんな時間なのか?

と、時計を見る

 

14時35分

え…ラストオーダーついさっきじゃん

 

まさかこんなに早い時間にラストオーダーだと思わなかったから…

あと5分早ければと思ったが、まあ終わってしまったものは仕方がない

 

代わりにと言ってはなんだが、売店の方にあった鯨のごま和えとコロごまあえというのを買ってみた

f:id:sail-scent:20180922212626j:image

最初は1つにしようと思ったが、食べ比べてみることに

 

コロごまあえって何だ?と思い、裏を見ると、鯨、醤油、砂糖、酒、味醂、生姜、ごま

ごま和えと材料は同じ(ごま和えの方の鯨が北海道産だった)

f:id:sail-scent:20180922212812j:image

売店の人に聞くと、コロごまあえの方が油が多いところを使っているとか

ふむふむ、部位の違いか

 

とにもかくにも食べてみよう

 

ごま和えの方は

割と固い

噛むとそこの部分だけ凝縮して固まる感じ

鯖みたいな味がする(この味の魚が鯖なのかは確かでない)

 

対してコロごまあえの方は、軟らかい

コラーゲンみたいな感じ

 

味付けはどちらも同じはずなのだが、ごま和えの方が魚感が強い(見た目も影響してるかもしれないけど)

食感も味もこっちの方が好き

 

5口ずつくらい食べて、残りは夜ご飯に持ち越した

 

ウミガメが見れる道の駅にも寄ったf:id:sail-scent:20180922212113j:image

 

今日はラストキャンプ
f:id:sail-scent:20180922192433j:image

1回三重に入ったから三重だと思ったら、キャンプ場は和歌山だった

 

キャンプ場までの道が想像以上に狭く、まだ17時代だから明るいはずなのに木で覆われてるから暗くて、さらにカーブも多く見通しも悪かったのでスピードも出せず、苦戦したf:id:sail-scent:20180922193017j:image

↑これはまだ道路が見えていてマシな方だけど、雰囲気としてはこんな感じ

 

場所によっては雰囲気があるf:id:sail-scent:20180922212014j:image

 

あと何kmか調べようと思っても途中まで圏外だったから無理だったので、メーターを見てだいたいの距離を予想した

 

18時までに行かないといけないのに着くのギリギリになりそうだなーと思いながらも時間までには行けるように、ときどき現れるある程度広い道路はスピードを上げて距離を稼いだ(あくまで安全運転)

 

キャンプ場こっち

という看板が現れると少しだけ安心する

 

そしてなんとか受付終了の5分前に到着

もう精算とか終わらせてたみたいで申し訳なかった

 

でも間に合ってよかった

 

そういえば今日、使っていたスタンプ帳がいっぱいになった

2冊目も買ってあるけどもうそんなにスタンプも無いだろうし、もしあったら白紙に押してスタンプ帳に挟むことにしようかな

軽めに日本一周 49日目 和歌山~串本

7時に出発

 

有田市に入った

f:id:sail-scent:20180921203835j:image

せっかくだから有田みかんでも食べたいなと思ってたけど、気がつくと有田は抜けていた

 

しばらく走っていると、ローソンの隣にみかん屋さんが
f:id:sail-scent:20180921183810j:image

有田みかんって書いてる!

 

どれどれ、と見てみると、袋に何個か入って売られている

1個売りはないのか聞くと、

1個ならあげるよ、味見してみて

と1ついただいた

ありがたい

f:id:sail-scent:20180921183628j:image

皮が固くて剥けなくて奮闘してたら、ナイフで切り込みをいれてくれた

 

甘くもなく、酸っぱくもなくという感じだった

 

そしてまた進んで行くと、今度は梅の店が現れ始めた

和歌山って梅も有名なのか?!と思ったけど、後から気がついたが、梅とよく一緒に見る「紀州」っていうのは和歌山だったのか


f:id:sail-scent:20180921184636j:image

休憩がてらに寄ってみた、これの隣の売店f:id:sail-scent:20180921184720j:image

梅の試食がたくさんあって、味とか柔らかさとかの違いで何種類もあった

おにぎり用の梅干とか、梅のふりかけとか、お茶とか…

魅力的なのがいっぱいあった

 

荷物になることを考えるとそうそう容易くは買えない

 

そこで買ったのがこちら

f:id:sail-scent:20180921171917j:image

どでか梅

 

そう、こういう1人でも食べれるサイズのがあると嬉しいんだよねf:id:sail-scent:20180921172010j:image

写真じゃ大きさは分かりにくいけど、本当にどでか

 

はちみつ漬けだもん、おいしくないわけがない

 

あと梅酒も買った

 

和歌山にも南国感がある

f:id:sail-scent:20180921204151j:image

 

出発から100kmちょっとで白浜町に到着

 

急に現れた半月島

f:id:sail-scent:20180921204115j:image

おおー

 

横の船もいい感じ
f:id:sail-scent:20180921204219j:image

 

そして…

 

白浜だー

f:id:sail-scent:20180921202724j:image

車道を走ってて海がちらっと見えたと思ったら砂が本当に白くて二度見したf:id:sail-scent:20180921202742j:image

綺麗

 

そこから少し行ったところにある千畳敷

これはとにかく凄かったf:id:sail-scent:20180921202823j:image

上から見て驚き、下に行ってみても驚く

f:id:sail-scent:20180921203051j:imagef:id:sail-scent:20180921203129j:image

見る角度によって色んな姿が見れるから面白い

f:id:sail-scent:20180921203208j:imagef:id:sail-scent:20180921203224j:image

↑謎の惑星感

f:id:sail-scent:20180921203245j:imagef:id:sail-scent:20180921203303j:imagef:id:sail-scent:20180921203429j:image
f:id:sail-scent:20180921203411j:image

実際は千畳以上あるんだとか

 

三段壁はその近く

f:id:sail-scent:20180921203746j:image
f:id:sail-scent:20180921203726j:image

 

いつ降ってもいいようにカッパを着ていたが、暑くて脱いだ

雨が降らないと暑い

 

そして南下

 

道の駅椿はなの湯で買った梅しそコロッケ

f:id:sail-scent:20180921204754j:image

注文してから揚げてもらった

しその味がしておいしかった!

 

ちなみに他には梅コロッケと梅カレーコロッケがあった

 

この道の駅は中に有料の温泉があって、なんと外には温泉が売っていたf:id:sail-scent:20180921205030j:image

50リットル100円

相場が分からないけど安いと思う

f:id:sail-scent:20180921205148j:image

ふむふむ

 

亀みたいな岩?を見つけたf:id:sail-scent:20180921203805j:image

あと肉みたいなのも

f:id:sail-scent:20180921205258j:image

 

今日は夕方から朝方まで雨予報

なのでキャンプは現実的じゃない

昨日、2000円で泊まれる所を候補地として考えていたのだが、そこがどうやら値上がりしたらしく、3000円くらいになっていた

3000円は高いなと思ってしまう

何度探しても、1番安くてその3000円近くする所しか見つからなかったので、晴れなら0なのになと思いながらも、その候補地がキャンプ場の近くだったのでとりあえず潮岬の方に向かってはしる

 

キャンプは無理だろうというくらいの雨が降りだす

 

そして止む

 

と、通りすがりに1時間150円というライダーハウスを発見

1回通りすぎたが、また戻って確認

その頃には再び晴れ間が

 

すぐ隣の床屋さんがちょうど外にいたので聞いてみると、

それうちだよ

 

泊まることも可能か聞いたら大丈夫だと言われて、看板の意味が分かるか聞かれた

 

1時間毎に150円

そういうこと

解釈は合っていた

 

まだ17時前だったのでまた後で来ようかと渋ってたら、

今から何時までいても2000円でいいよ

と言ってくれたので、

じゃあそれで

と、そうしてもらうことに

 

おじさんは朝までいないらしい(つまり自分だけ)

 

掃除するから待っててと言われ、外で待つこと30分

1階が床屋になってて、2階に部屋を用意してもらった

 

布団まで用意してくれて、お風呂は自由に入っていいと言ってくれ(シャンプーとかもある)、暑かったら扇風機を使ってもいいとも

 

さらにさらに、暑くて寝れなかったら1階の冷房(いつも付けっぱなしらしい)が効いた床屋のソファーで寝てもいいとも言ってくれた(そこにあるテレビを見る許可までいただいた)

 

最高な宿に辿り着いてしまったようだ

 

もう今日は乗らないし、昼頃に買った梅酒をいただく

f:id:sail-scent:20180921190729j:image

ちょうど良いサイズ

 

お酒なんていつぶりだろう

 

外では雨がけっこう降り始めたみたい

これはテント張らなくて正解だ

軽めに日本一周 48日目 上郡~和歌山

朝から雨

 

今日は移動日

 

テントが濡れたから、タオルで拭いて屋根があるところで片付けさせてもらった

 

ライダーハウスの管理人のおじさんに栗をもらった

f:id:sail-scent:20180920221321j:image

剥くの上手くいかないけどおいしい

 

姫路城を遠目から見た

 

雨に濡れて冷やされて、寒すぎてマックスバリュに避難してホットのカフェオレを買った

f:id:sail-scent:20180920221718j:image

が、そんなに温まってなかったからただ尿意が促進されただけだった

 

レンジも壊れてて温かいものが食べられそうにもなかったので撤退

再び走る

 

50kmくらい進んで、今度はセブンイレブンピザまんを買ったf:id:sail-scent:20180920221851j:image

温かい!うまい!

チーズがすごく伸びた

 

4時過ぎまでずっと降ってて、しばらく止んだ後たまにパラパラと降ってた

 

また渋滞に巻き込まれて1時間で15kmとかしか進まないからかなり時間もかかった

あと信号が多かった

 

大阪は傘を差しながら自転車に乗ってる人が多いなと感じた

8割か9割か

みんながやってるからいいや

っていう感じで広がっていくとみた

 

あと原付のすり抜けが多い

自分はすり抜けず車の後ろに並んで進むのを待ってるんだけど、急に隣を原付が抜けていくから危ない

 

そんなこと思いながら乗ってたら、その瞬間は見てないけど自分の200mくらい前で原付が車とぶつかったらしくて倒れてて、大変なことになってた

当事者たちは多分そこしか見えてないんだけど、第三者からしたら、倒れている原付のテールランプは付いてるものの暗かったから、後続車が来たら危ないなと思ってしばらくウインカーを出してブレーキを踏んで後ろを見つつ立っていた

 

車の人が救急車を呼んだりしてたし、車道からも撤退して歩道に移動したようなので自分は関係ないから立ち去った

 

事故ってる所を見たら急に走るのが怖くなった

自分も気を付けないとな

 

その後もすり抜け原付が後を絶たないから、お前ら気を付けろよって思いながら走ってた

 

 

今日は和歌山に入ったところまで

 

この旅もあと3日くらいかな…

軽めに日本一周 47日目 宮窪~上郡町

こちら昨日の無人島キャンプ場f:id:sail-scent:20180920011507j:image

隣(と言っても写真に映ってないくらいには離れてる)に張ってたのがフランス人だったので記憶の中にある拙いフランス語で3言くらい話しかけてみたら、全部英語で返された

まあ、フランス語で返されたとしても理解できたか分からないからそれで良いんだ

 

なんとその人、自転車で世界一周をしているとか

もう30か国行ったらしい

自分とは規模が違いすぎて脱帽

 

8時過ぎに出発した

f:id:sail-scent:20180920031515j:image

 

しまなみ海道2日目!f:id:sail-scent:20180920031431j:image

 

今日は天気が良いので久しぶりになまはげさんも登場

落ちないかが心配なので、すぐ確認できるように横に

そうしたら、サイドミラーに映ってるやつらが可愛いどころの騒ぎじゃなかったf:id:sail-scent:20180920011851j:image

 

昨日と同様、自転車用の案内看板に従って行ってたら、おっとあぶない

f:id:sail-scent:20180920033549j:image

原付侵入不可

 

急に裏切られた

 

そのもう少し行ったところに原付はこっちっていう案内が

結構な坂を上らされていく

横に諺が書かれている石があって、その頭文字がいろは歌になっていたf:id:sail-scent:20180920033907j:image

書と俳句の丘らしいf:id:sail-scent:20180920034006j:image

 

上っていくと、道が2つに分かれたf:id:sail-scent:20180920034057j:image

せっかくなので展望台にも行ってみることに


f:id:sail-scent:20180920034200j:image

いい眺め


f:id:sail-scent:20180920034449j:image

左下から延びているのが原付用の道


f:id:sail-scent:20180920034554j:image
でかい橋だなー


f:id:sail-scent:20180920034334j:image
ふむふむ

 

お?!これは…

瓢箪島!
f:id:sail-scent:20180920034238j:image

瓢箪島が実在するというのは初めて知った

 

そして分岐点まで戻って原付の道で橋を渡る

 

橋の途中に広島県の文字(逆光すぎる)f:id:sail-scent:20180920035010j:image

広島に入った

f:id:sail-scent:20180920035037j:image

これで四国ともおさらばか

 

広告みたいなのがあったf:id:sail-scent:20180920035152j:image

 

レモンの島に到着

f:id:sail-scent:20180920035315j:image

 

お勧めされたドルチェというお店へf:id:sail-scent:20180920032159j:image

10時に開店で、着いたのがたまたま10時10分だった

f:id:sail-scent:20180920011917j:image

瀬戸田のレモンと尾道のいちじくのジェラートを食べた

レモンの方はシャーベットで、冷房が効いた店内で食べたから寒かった

いちじくは粒々も入っていておいしかった


f:id:sail-scent:20180920035424j:image

そしてしまなみ海道も渡りきる

数km乗った後、お尻が痛すぎてローソンで小一時間休憩

ちょうどお昼時だったのでこの辺でしか買えなさそうなパンを食べた

 

ブールパンとダークみきゃんのメロンパン

ブールパンは全国で売ってそうな気もしなくもないが、初めて見たっていうのと広島って書いてあったから食べてみることに

 

周りの色の薄いところがしっとりで、何かの味がしたけど何だったのか思い出せない

 

メロンパンは中に入っていた清見オレンジのクリームみたいなのがおいしかった

 

わりと限界な気もするお尻の痛さ

山辺りで留まろうかとも思ったが、なんせキャンプできる所がなかったからもう少し進むことに

赤穂辺りまで行きたいなと思っていたから、ちょうどその辺りにライダーハウスがあって助かった

 

2号線の渋滞に巻き込まれて、しばらく全然進まなかった

進み始めたと思ったらいつの間にか70km制限のバイパスに変わっていた

さすがに危なくて下りて、側道を走った

 

途中から側道が急に消えたりまた渋滞になったりもあったが、19時過ぎには今日の宿であるライダーハウスに到着した

ライダーハウスではあるがキャンプもできるところなので、テントを張らせてもらった

 

明日雨らしいねと言われ、そうですね、なんて言いながら降っても午後からとかだろうと思っていた

そうしたら、出発時間の話になり、テント乾かさないといけないもんねと言われた

まさか朝降るのか?!と思いながらもテントを張った

最近いつもだけどブログを書きながら寝落ちしてふと目が覚めると、雨粒の音

降ってるわこれ

 

明日テントしまうの大変だー

軽めに日本一周 46日目 高松~宮窪

今日はゆっくりめで9時に出発


f:id:sail-scent:20180918210816j:image

出発早々、うどんの看板を発見

タイムセールでかけうどんが150円?!

これは行かねば

 

ということで、朝うどん(既に食パンとコーンスープが胃に入っていたことは忘れることにしよう)

f:id:sail-scent:20180918210942j:image

上に乗ってるのは無料のトッピング

 

腰があるうどん

自分で乗せた生姜がなんとも美味しかった

 

そして再出発

 

二輪と四輪の停止線が分かれてるのって二輪がすり抜けること前提なのかといつも思ってしまう

 

香川ナンバーを見るとドルトムントしか思い浮かばなくて、周りが全部香川ナンバーだったときに頭の中がひどい画になってた

 

四国を走っていると、あまり他県のナンバーは見なかったな

 

道の駅で買った、うどん柄の手ぬぐい

f:id:sail-scent:20180918211729j:image

 

和三盆ソフトクリームにプラス50円でおいりをトッピング

f:id:sail-scent:20180918211424j:image

おいりを乗せると急に可愛くなるよね

 

和三盆はコーヒー牛乳みたいな味で、おいりは味がしないと思ってたけど、ほんのり甘かった


f:id:sail-scent:20180919063435j:image

今治に入って、やっとのことでしまなみ海道

まず原付用道路の入口を探すのに一苦労した

こっちであってるのかなと思いながら坂を上っていくと、対向からカブが2台続いて下りてきて、そうだなと確信した

 

初のしまなみ海道

f:id:sail-scent:20180920040235j:image

道はこんな感じに分かれてて
f:id:sail-scent:20180919063606j:image

原付の道はすれ違うのも原付、後ろを走っているの原付

当たり前だけど原付しか走っていなくて、新鮮な感じだった

 

高速みたいに尾道までノンストップで、降りたいところでだけ降りるのかなと思っていたら、1回毎に降ろされてその度に料金を払うというシステムで、料金所もおじさんがいたものの、箱が設置されていてそこに払うというものだった

 

今日はしまなみ海道にある無人島のキャンプ場

ここは福知山のカプセルホテルに泊まったときにいたライダーのおじさんが教えてくれた

125cc以下の道からしか降りれないから、車とかは来れないっていう秘境感満載の場所

自分の他に10テントくらいある

みんな分かってるなあ

でかいバイクがいないのがまた変な感じ

 

いつもはペグを打たずに荷物の重さで何とかしていたが、立てているときから風が強かったので今日はペグを打つことに

トンカチみたいな物は持ってきていなかったので、無理矢理地面に差していたらおじさんが貸してくれた

f:id:sail-scent:20180920040107j:image

軽めに日本一周 45日目 室戸~高松

無事キャンプ場からも出れて、8時過ぎに出発

 

室戸岬に行って、中岡慎太郎像を見てきたf:id:sail-scent:20180917214947j:image

あとアコウがすごかった

f:id:sail-scent:20180917215032j:image

どうやって生えているんだって感じ

 

その後は室戸廃校水族館へf:id:sail-scent:20180917215224j:image

オープンの10分後に行ったのにすでに車が5台は停まってた

 

f:id:sail-scent:20180917215306j:image

廃校になった校舎を使った水族館


f:id:sail-scent:20180917215722j:image

まるで普通の学校の階段を通って2階へ

 

f:id:sail-scent:20180917215822j:image

水道がタッチプール

黒板に書かれているのがまた良い


f:id:sail-scent:20180917215947j:image

机に座って映像が見れる


f:id:sail-scent:20180917220757j:image

なんと跳び箱までが水槽


f:id:sail-scent:20180917220903j:imagef:id:sail-scent:20180917220959j:imagef:id:sail-scent:20180917221020j:imagef:id:sail-scent:20180917221039j:image

普通に生き物もいる

 

3階は標本

f:id:sail-scent:20180917221217j:image

この左右にも骨があった

 

f:id:sail-scent:20180917221251j:image

図書室もこんな感じ

本はというと…

f:id:sail-scent:20180917221821j:image

この学校のはシロアリに食べられたとか

 

f:id:sail-scent:20180917221311j:image

廊下

 

f:id:sail-scent:20180917221331j:image

理科室

 

そして3階の水道には金魚がf:id:sail-scent:20180917221439j:image

 

アコーディオンも置いてあった

 

2階の視力検査するところを通って外に出ると

f:id:sail-scent:20180917221529j:image

屋外プール

f:id:sail-scent:20180917221639j:imagef:id:sail-scent:20180917221711j:image

プールでもいろいろ泳いでた

 

規模は小さいものの、学校感があってわくわくしながら見れて楽しかった

 

そして徳島に向かって走る

 

眠すぎて寄った海の駅

f:id:sail-scent:20180917214733j:image

ぽんかんとバニラのミックスソフト

さっぱりした味だった

ワッフルコーン!

 

まだ海水浴客がいっぱいいてテントがいっぱい張ってあってびっくりした

 

昨日買ったステッカーも貼って、かなりにぎやかになった箱

f:id:sail-scent:20180917214333j:image

左側

f:id:sail-scent:20180917214351j:image

背中側
f:id:sail-scent:20180917214406j:image

右側

(後ろは撮ってないけど、日本一周中の文字のみ)

 

鳴門の渦潮を見ようかと思ってたけど時間が決まっていると知り、諦めた

 

結局徳島は何もせずに通りすぎてしまった

道の駅にでも寄ればよかったな

 

泊まろうと思っていたキャンプ場がいっぱいだということで、少し内側に入ってしまうが、場所を変えた

 

そこに向かって走っていると、雨が降ってきた

毎度お馴染みのパターン

 

雨の場合を考えてなかったのですぐ止むことを願って走り続ける

さすがに途中で止まって雨装備に

でも前に付けてる寝袋とテントを袋にしまうのは忘れていた(いつもは常に袋に入れているから)

あと15kmをきっても雨が止まないうえに既に暗く、テントも濡れてびちゃびちゃなこともあって、一先ず止まってネカフェを探すことに

高松にならいくつかあるみたいだ

そこから35kmくらいあったけど、キャンプをするのは違うなと思って方向転換をして高松に向かっていくことに

 

20時頃にはなんとかネカフェに着いた

これも毎度お馴染みだけど、到着するころには雨が降っていなかった

まあ場所を移動したっていうのもあるんだろうけど

 

疲れたし、良いでしょう

 

結局240kmくらい乗ってた

でもそんなもんか

体感的にはもっと乗ったかなって思ったんだけどね

 

42日目からの写真も更新するので是非見てみてください

軽めに日本一周 44日目 四万十~室戸

6時40分に出発

自分の中ではかなり早い

 

四万十川は長いなーと思いながら、しばらく川沿い

f:id:sail-scent:20180917224420j:imagef:id:sail-scent:20180917224450j:image

 

コインランドリーがあったので、半乾きの洗濯物たちを乾燥機にかける

10分100円

そうそう、昨日はこういうのを求めていた

昨日外で干してたお陰もあってか、10分で乾いた!

 

名前にかわうそって入っている道の駅で、カツオ人間っていうキャラクターのステッカーを買った

そしてカツオのたたきを食べたf:id:sail-scent:20180917224121j:image

ワンコイン!

なぜか箸とかが2人分

 

身がプリプリで分厚くて美味しかった

カツオのたたき、食べたことはあるんだろうけど味までは覚えてなかったから、初めて食べたような感想しか出てこない

 

醤油の所にいるのがカツオ人間

大きさが微妙でまだ貼ってはいない

 

そして高知城

f:id:sail-scent:20180917224636j:image

中には入ってないけど周りから眺めた

あと板垣退助の像と写真を撮った

f:id:sail-scent:20180917224732j:image

ちょうど高校生かなんかのバンドのライブをやっていて、楽しそうだなーって思ってた

 

その後は桂浜へ

駐車代50円

乗用車は400円だからかなり安い

 

坂本龍馬の像がかなりでかかった

 

この辺の名物だというアイスクリンを食べてみた

f:id:sail-scent:20180917224927j:image

どこかで食べたことあるような舌触り

 

向かっている途中の波f:id:sail-scent:20180917232107j:image

も綺麗だったけど、ここのはまた違う

並みの強さがその時々によって変わるから遊泳は禁止らしい

f:id:sail-scent:20180917224806j:image

キャンプ場の時間もあったのでなんとか30分で切り上げたけど、見ようと思えば多分いつまででも見れる

f:id:sail-scent:20180917224829j:image

今度はもう少しゆっくり来たいや

 

お土産屋で、とさおのステッカーを買ったf:id:sail-scent:20180916204417j:image

これもまだ貼ってない

 

いつも写真を撮るのを忘れてブログには載せてないけど、だんだん箱もにぎやかになってきている

 

高知は龍馬空港があるみたいだ

f:id:sail-scent:20180916203502j:image

 

今日は室戸岬の近くのキャンプ場

1080円

今まで泊まったキャンプ場の中では最高額

まあキャンプは出しても1000円までかなと思ってるからギリギリセーフな額(いや、ギリギリアウトか?)

 

1000円も取られるんだから期待するじゃないですか

そしたら期待がどんどん裏切られて評価がだだ下がり

昨日の350円の所の方が何倍も良かった

 

・フックの所に荷物をかけたくないくらいトイレが汚い

・トイレが遠い(歩いて3分くらい)

・炊事場も上に同じ

・この辺りに張ってねって言われたところが石やら枝やらでガタガタのところで、パンクしないか怖い

f:id:sail-scent:20180916201505j:image

もちろん乗らずに押してきたけど、下り坂だったから明日押して上れるか不安

・平らな芝生の所に張ってるファミリー達との格差がやばい(例えるなら豪華なクリスマスディナーと90円のおにぎり2つって感じ)

・トイレに行く度に平らな芝生ファミリーの所を通らないといけない

・シャワーの物置きスペースが無さすぎる(写真左に見える銀のやつのみ)

f:id:sail-scent:20180916201404j:image

・シャワーがトイレと連動していて、誰かがトイレの水を流す度に止まる

弱まるとかじゃなくて、止まる

 

でも夕日だけは綺麗だったf:id:sail-scent:20180917225458j:image

 

シャワー、受付のときに

100円入れたらお湯が出てくるから

と言われた

ということは、入れなくても水なら出るということか

ふむふむ

そこから先は想像に任せるとしよう

f:id:sail-scent:20180916201534j:image

ホットシャワー100円

 

キャンプ場に着く前に最後に寄った道の駅も、海がめちゃめちゃ綺麗だったf:id:sail-scent:20180917232026j:image

 

 

今日はけっこう進んだわ

f:id:sail-scent:20180917231952j:image